浅田屋伊兵衛 こだわり抜いた一品をご家庭に

カートの中身を見る

  • お買い物ガイド
  • 特定商取引に関する表記
江戸三度

浅田おみやげ

風味豊かな海の幸と山里の幸に、浅田の伝統と創造を融合して、金澤の味を詰め合わせたおみやげです。
保存料や添加物を一切使わず、調理人がひとつひとつ丁寧におつくりいたします。
ぜひご賞味くださいませ。

※「江戸三度」は要冷蔵品です。冷蔵庫で保存のうえ、お早めにお召し上がりくださいませ。

江戸三度 瓶詰詰合せ

ようこそ浅田へ

浅田屋の始祖 初代浅田屋伊兵衛、萬治二年(1659年)加賀藩五代目藩主前田綱紀卿より中荷物御用を
命ぜられます。 これが浅田屋「江戸三度」の創始です。江戸三度とは、月に三度江戸と金澤間を往復する
加賀藩御用飛脚のことで、その後約二百年間、浅田屋は代々江戸三度を勤続いたしました。

明治維新を翌年に控えた慶應三年(1867年)、浅田庄平は江戸三度の免許を加賀藩に返上。 
加賀藩御用飛脚の棟取として永年培った体験を基に、旅人宿「浅田屋」を金澤市十間町で開業します。

昭和四十六年(1971年)、当時の主人浅田勝次は東京赤坂に加賀料理店「赤坂浅田」を開業。
この赤坂店が青山店(1993年)、名古屋店(2004年)を生み出し今日に至っております。